Web版農業経営診断サービス

特徴

  • 本サービスは,診断したい農業経営の財務諸表等を用いた診断指標を算出(入力値)し,標準値と標準値等を用いた判定結果(5段階区分)とともに,それらの診断指標の結果(診断結果)を提供します。
  • 提供する診断結果は,経営全体のものと生産物別のものに分かれます。経営全体の診断結果は,営農類型(水田作,畑作,酪農,等々),地域,規模を組み合わせた類型単位で提供します。生産物別の診断結果は,選択した生産物(米,小麦,大豆,生乳,等々)単位で提供します。
  • 診断指標の算出に必要なデータの設定は,本サービス上で入力する一方,一度入力したデータは,Excel / csv / xml 形式で保存することで,再利用が容易になります。e-Taxを利用して青色申告をする農業経営の場合は,財務諸表の申告用ファイル(拡張子は.XTX)が利用できます。
  • 診断結果は,Webブラウザ上で即時に閲覧できるほか,Excel / csv / xml / pdf 形式で保存することができます。

診断サービスへのアクセス

アクセス
(別ウィンドウで開きます。)

Firefox で閲覧の方は,「接続の安全性を確認できません」というメッセージが表示される場合があります。 その場合は,Chrome, Internet Explorer などの別ブラウザをご利用ください
もし,Firefox で利用したい場合は,「お問い合わせ」に記載した連絡先に,その旨をご連絡ください。

操作の手引き

操作の手引きダウンロード

(PDF 約 6.54MB)

動作環境

  • 動作確認済みのWebブラウザは,Chrome, Internet Explorerです。

利用上の留意点

  • 不正確あるいは不十分なデータで診断した場合,適切な判定結果を提供できません。
  • 本サービスが提供する標準値は,農林水産省大臣官房統計部の農業経営統計調査の個票を適宜,組み換え集計して算出した平均値です。
  • 農林水産省大臣官房統計部の農業経営統計調査で詳細な調査対象にしていない生産物の診断はできません。
  • 入力にe-Taxの申告用ファイルを利用する場合は,統一性が取りにくい勘定科目を取り扱っていないため,本サービスの財務諸表の入力値に未記入の箇所が発生する可能性があります。
  • 経営全体の指標について,標準値が"0"と表示される場合,その指標の標準値自体が存在してないためなので,ご注意ください。
  • 以下の営農類型と都道府県の組み合わせでは,生産物が選択できなくなります。(1)茶作と北海道,(2)さとうきび作と鹿児島県及び沖縄県以外の都道府県
  • 営農類型が露地野菜作,施設野菜作,果樹作の場合,できる限り主要品目を一番最初に選択して下さい。

更新履歴

  • Ver.2015(2015/05/05)
    • 法人版の貸借対照表と損益計算書の入力項目を修正しました。
    • 診断結果の経営耕地面積に作業受託面積が加算されるバグを修正しました。
    • 繰越損失が発生している場合に次ページへ遷移できないバグを修正しました。
    • 一部の画面表記の誤りを修正しました。
  • Ver.2014(2014/07/22)
    • 本サービスを正式に開始しました。
  • Ver.2013(2013/07/22)
    • 本サービスの試行を開始しました。