経営指標管理支援プログラム

特徴

  • 本プログラムは,Z-BFM等で用いる経営指標の要素(関連)データの入力や修正を行っておくだけで,必要に応じて経営指標の作成を行うことができます。
  • 経営指標とは,10a当たりの変動費や10a当たりの旬別労働時間などです。ところが,営農実態に基づくデータでは資材単位による費用や作業単位による労働時間で記録・集計されるため,経営指標の作成は煩雑になります。本プログラムでは,資材単位や作業単位でデータを入力することで,経営指標を作成することができます
  • 既存の入力データを利用して,資材ごとの投入量や価格,あるいは作業ごとの労働時間の変更することで,それらを変更を反映させた経営指標を簡単に作成できます。

ダウンロード

ダウンロード

(自己解凍ファイル(*.exe) 約 465KB)

操作マニュアル

操作マニュアルをダウンロード

(PDF 約 4.58MB)

動作環境

  • アプリケーション・ソフトウェアとして,Microsoft Excel 2007 以降が必要です。
  • OSは,Windows VISTA/7 に対応しています。

インストール及び起動

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると,圧縮ファイルの解凍作業が開始され,任意の箇所に「BFD」フォルダを作成します。
  2. 作成したフォルダ内にある「BFD.xlam」をダブルクリックすると,Excelが起動し,本システムのスタートメニューを表示します。

利用上の留意点

  • Excelマクロを組み込んでいますので,Excelのセキュリティを「中」で利用して下さい。

更新履歴

  • Ver.2.03(2017/10/20)
    • 経営指標要素データから経営指標を作成する際に,年次をまたぐ作業の時に結果が反映されない不具合を修正しました。
  • Ver.2.02(2014/07/17)
    • 経営指標要素データから経営指標を作成する際に,圃場利用の旬設定の不具合を修正しました。
  • Ver.2.01(2014/05/16)
    • XMLファイルの改行コードがUNIX系の「LF」の場合でも読み込めるように修正しました。
    • MS Office Excel 2003 のサポート期限の終了を受けて,プログラムを2007以降にのみ対応するファイル形式へ変更しました。
  • Ver.2.00(2014/01/16)
    • XML形式のデータファイルを取り扱う仕様に大幅改修しました。
    • 名称を「経営指標作成支援プログラム」から「経営指標管理支援プログラム」へ変更しました。
  • Ver.1.01(2012/08/31)
    • 経営指標関連データの一覧表示の処理速度が遅くなる現象を改善しました。
  • Ver.1.00(2012/06/04)
    • 経営指標作成支援プログラムを公開しました。