中課題研究

バックキャスト型技術評価手法と雇用型大規模法人における経営マネジメント技術の開発

開発技術の経営的効果の解析等から将来の農業経営像を明らかにし、 これを指標としたバックキャスト型の技術評価手法を開発するとともに、 雇用型大規模法人における経営マネジメント技術の開発を行う。

(農研機構中長期計画(平成28~32年度)より抜粋)

具体的には, 今後目指すべき高生産性・高収益営農像と成立条件の提示, 農業経営計画モデルの高度化と戦略技術を組み込んだ食料供給予測モデルの開発, 雇用型農業法人における労務管理及び人材育成・経営継承方策の提示と多角化に向けた財務・資金管理支援手法の開発, 農地の面的集積方策の解明と地域内ステークホルダー・マネジメント方策の提示, 等の課題を実施する。

なお,本中課題は「暖地・温暖地における技術集約型の高収益水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立」の大課題に位置づけて実施している。


参画研究者が所蔵する研究グループ
北海道農業研究センター水田作研究領域 |経営評価グループ
北海道農業研究センター大規模畑作研究領域 |ICT農業グループ
東北農業研究センター生産基盤研究領域技術評価グループ
東北農業研究センター生産基盤研究領域農業経営グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域営農システム評価グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域経営計画グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域組織管理グループ
西日本農業研究センター営農生産体系研究領域 |農業経営グループ
西日本農業研究センター傾斜地園芸研究領域 |カンキツ生産グループ
九州沖縄農業研究センター作物開発利用研究領域営農システムグループ