研究課題一覧

バックキャスト型技術評価手法と雇用型大規模法人における経営マネジメント技術の開発

開発技術の経営的効果の解析等から将来の農業経営像を明らかにし、 これを指標としたバックキャスト型の技術評価手法を開発するとともに、 雇用型大規模法人における経営マネジメント技術の開発を行う。

(農研機構中長期計画(平成28~32年度)より抜粋)

具体的には, 今後目指すべき高生産性・高収益営農像と成立条件の提示, 農業経営計画モデルの高度化と戦略技術を組み込んだ食料供給予測モデルの開発, 雇用型農業法人における労務管理及び人材育成・経営継承方策の提示と多角化に向けた財務・資金管理支援手法の開発, 農地の面的集積方策の解明と地域内ステークホルダー・マネジメント方策の提示, 等の課題を実施する。

なお,本中課題は「暖地・温暖地における技術集約型の高収益水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立」の大課題に位置づけて実施している。


参画研究者が所蔵する研究グループ
北海道農業研究センター水田作研究領域 |経営評価グループ
北海道農業研究センター大規模畑作研究領域 |ICT農業グループ
東北農業研究センター生産基盤研究領域技術評価グループ
東北農業研究センター生産基盤研究領域農業経営グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域営農システム評価グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域経営計画グループ
中央農業研究センター農業経営研究領域組織管理グループ
西日本農業研究センター営農生産体系研究領域 |農業経営グループ
西日本農業研究センター傾斜地園芸研究領域 |カンキツ生産グループ
九州沖縄農業研究センター作物開発利用研究領域営農システムグループ

その他の関連する参画研究プロジェクト

農研機構研究プロジェクト

本中課題は,以下の中課題(研究プロジェクト)における技術の経営的評価において,連携を図りながら研究を推進している。

大課題「寒地・寒冷地における大規模高能率水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立」
寒地大規模高能率水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立
寒冷地大区画圃場における超省力水田輪作営農システムの実現に向けた技術体系の確立
大課題「暖地・温暖地における技術集約型の高収益水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立」
温暖地汎用化水田基盤における先進型複合水田営農技術体系の確立
暖地における高収益水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立
水田で生産される飼料に基づく省力的で資源循環型の酪農向け飼料生産・調製・流通・飼養技術体系の確立
大課題「寒地大規模畑作営農及び自給飼料活用酪農システムの実現に向けた技術体系の確立」
寒地大規模畑輪作の生産基盤強化によるICTスマート農業システムの実現に向けた技術体系の確立
自給飼料活用型大規模寒地酪農システムの実現に向けた技術体系の確立
大課題「中山間地域等における持続型営農システムの実現に向けた技術体系の確立」
中山間地域における広域水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立
中山間地域における省力・高収益果樹生産システムの実現に向けた技術体系の確立
新たな作物保護管理技術を活用した有機栽培体系の確立
大課題「暖地高収益畑作営農及び自給飼料活用肉用牛生産システムの実現に向けた技術体系の確立」
暖地における地域分業型大規模肉用牛繁殖システムの確立
地域飼料資源を活用した黒毛和種の中小規模生産システムの実現に向けた技術体系の確立
大課題「農作業や農業施設の自動化・ロボット化等による革新的生産技術の開発」
ロボット技術・ICT等を活用した革新的農業生産技術の開発
大課題「地域資源活用のための研究開発」
加工・業務用需要に対応した露地野菜の安定生産技術の開発

外部資金プロジェクト研究

食料生産地域再生のための先端技術展開事業
技術・経営分析技術開発研究(2011~2017(予定))【研究代表】
安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業
IPMを推進するために必要な経済的効果の指標及び評価手法確立(2015~2017(予定))【研究代表】
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
産地に応じて抵抗性品種と薬剤防除を適宜利用するイネ縞葉枯病の総合防除技術の開発(2015~2017(予定))
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」
水田におけるスマート農業生産システムの開発(2016~2018)
革新的技術開発・緊急展開事業
水稲作,小麦作,酪農,肥育素牛生産における国際競争力の比較分析に基づく今後の技術開発方向の提示(2016)【研究代表】
温暖地の大規模水田営農における高生産および高品質畑作物生産技術を用いた畑輪作体系の実証(2016~2018(予定))
多作型・多装備の日本型大規模施設園芸における発展スキームの構築(2016~2018(予定))
府県酪農地帯の支援組織向け高効率飼料生産・給与体系と地域資源循環の実証(2016~2018(予定))
ICTを用いた総合的技術による,農と林が連動した持続的獣害対策の確立(2016~2018(予定))
(2016~2018(予定))
科学研究費助成事業